身体

おかしなことだ。

治さない現代医学ってどういうことだろう?
高血圧のクスリをずっと飲み続けている。
おかしなことだ。
血液サラサラのクスリをずっと飲んでいる。
おかしなことだ。
精神薬を飲み続けている。
おかしなことだ。

もし僕らの目が10倍の顕微鏡だったら・・・

僕らの目が10倍の顕微鏡だったら、
世界は微生物だらけだということが
分かるでしょう。
生物学は人間を細胞のかたまりのように考えていますが、
僕らの命の根幹は物理的には
細胞と菌との共生、助け合いで、
身体というのは、細胞と菌でできているのです。

アレルギーは必要でアレルギーなのです〜

アレルギーがひどくなった
木の家で暮らしたらアレルギーがひどくなった
これはどういうことでしょう
ある専門家は木から出る分泌物に問題があると言いました
これはアレルギーを悪いことであると刷り込まれた人の反応です
アレルギーは必要でアレルギーなのです〜

イメージするのは、汚れた川、産廃の場所です〜。

ガンはどうやって治すのか?
そんなことを考えると、なぜガンになったのかを考えます。
イメージするのは、汚れた川、産廃の場所です〜。
体の中に川がたくさん流れていまして。
また身体には産廃地がありまして。
レントゲン撮影しましたら、産廃地が巨大に。

治ると思えば治る

治ると思えば治る
治らないかも〜と思えば治らない
自分の言葉がスイッチとなっていることに気づく。
顕在意識も潜在意識でも、絶対治るな!治りそうだな!
治っていくよ〜治るよ〜治ったよ〜
そう思っていれば治っていく。
治ると言いながら実はまだ不安があると治っていかない。
潜在意識が邪魔をする。
じゃあどうしたらいいの。
まずは塩を取る。いい塩を。
塩は清める。身体を。心も。
そして治る姿をイメージしよう。
手を太陽にかざして。
山や海や木や神社に手を合わせて祈る。自分が治って元気な世界をイメージする。
それを繰り返す。
何度も繰り返す。
一方で、塩と野菜と果物を生で食べる。
喜んで喜んで感謝する。
その繰り返し。
潜在意識に治った姿をしっかり印刷する。
脳のデータベースに蓄積させる。
脳のデータベースにたくさんインプットすれば、そのデータベースがやがて基本になる。
そのデータベースが動き始めたら思考が変わるからね〜
いい本を読もう。
行動しよう。
恋をしよう〜。
笑笑
20181029

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

工藤清敏の漢宝塩を超えた神宝塩、竹塩が欲しい方は
https://www.kanpouen.shop

またはLINEにメッセージ
https://lin.ee/6UsYzRC

どうぞよろしくお願いいたします。

木、自然の画像のようです

ストレスに対してどう反応するか?

病気の原因のひとつ ストレスについて
ストレスは病気の原因になっているのは確かだが、
正確に言うと、ストレスが問題なのではなくて、
ストレスに対してどう反応するか?
その対応が問題になる。

身体を温める

身体を温める
低体温に悩む人は多い。
冷え性に悩む人は多い。
しかし自然を見つめれば分かる。
服を着て暖かくする。