人口削減ではなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人口削減ではなかった
人間を医療を通じて減らしていく作戦は実行中ではあるが
もうひとつの作戦は殺さずとも人間をロボットにすることであった
ロボット化こそ作戦の枢要でった
植民地統治の要諦は1、減塩 2、化学物質のばら撒き 3、分断
減塩は歴史的には1904年から始まる
それは塩が生命に必須な元素の集合体であることによる
ワクチンとは赤ちゃんから始まる病気拡大化の作戦である
感染症は人間が創り出した幻想であった
感染症、食中毒は作られるものであった
人間の身体には菌が数百兆集まっており、そこにはすでにあらゆる悪い菌は
あるというのが研究結果である
菌が問題ではなく、問題は菌が住む身体内の環境こそ問題なのである
遺伝子が重要なのではなく、遺伝子を包む環境こそ重要なのである
イエスキヨトシ 性書 第3章3節 それは嫌〜ん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

工藤清敏の神宝塩、竹塩が欲しい方は
https://www.kanpouen.shop

またはLINEにメッセージ
https://lin.ee/6UsYzRC

どうぞよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*