いろんな食事療法、栄養療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ食事療法に正反対の意見が多いのか?

1つは、立場です。

農業に利益がある人は、作物を進めます。

サプリメントに利益がある人は、サプリメントを進めます。

クスリに利益はある人は、クスリを進めます。

専門家といってもいろんな立場があります。

分子栄養学を信奉するする専門家は、

素人を相手に科学的なデータを元にして、クスリやサプリメントを買わせます。

 

僕のように、シンプル、自然医学を考えている人は、

山や海にあるそのまま、畑で生まれるものなどを買わせようとします。

 

専門家であれば全て正しいと思ってはいけません!

科学的なデータといっても、誰がスポンサーなのかで結果が違います。

 

現在の情報の課題は

利益が多い企業群、産業群の情報が多いことです。

 

病名とともに、クスリやサプリメントが開発されています。

健康情報は、これらが売れるように様々な本、番組、ニュース、

ホームページがつくられています。

 

読めば読むほど勉強すれば勉強するほど

迷路に入り込む人もいます。笑

 

僕がときどき言いますが

あっちのチームの研究者が発信する実験データ

これがときどき曲者です。

真実のようなベールをかぶり、実は反対だったということが

やがて分かるからです。

 

いろんな食事療法、栄養療法がある!

そこにはいろんな利益が隠されているということを

頭の隅に置いてください。

 

僕が全て正しいわけではありません。

しかし、歴史的に、自然の視点から、利益はほぼ考えずに、

考えます。

 

犬や子供にも塩なんて、通常はいいません。

犬にも生食なんて、通常はいいません。

 

しかし、そこに真実が隠されているように思います。

多くの情報は、事業側の利益を促進させるもの。

 

逆にペットフード産業、動物病院・医療側の情報に

消費者はさらされていると言っていいでしょう。

 

なぜいろんな立場の情報があるのか

そこをもう一度考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*