にがりの効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Kさんからの質問

自然塩のにがりが健康を害するとの記載がありました。

工藤さんの見解が聞きたいです。

アンサー (適当)

それは豆腐がにがりで固まることから

同じように内臓も固まる ということから

にがりは良くない という話ではありませんか?

 

マクロビオティック食養生をしている人が、

顔色が悪いのは、にがりを取っているから

というお話ではないですか?

 

奇説です。

にがりは、マグネシウム+アルファのミネラル群です。

逆に毎日少しにがりを取った方がいいです。

 

にがりが悪いなら、この地球に魚も草木も生きていけません。

自然に存在するマグネシウムは、生命にとって大変重要な役割を果たしています。

 

ただ、現代医療では薬になっております。

 

その薬よりも素晴らしいのが、自然にあるにがりです。

なぜにがりを悪にするかは、よく分かります。

 

天然にがりはある程度取らなければなりません。

取りすぎると下痢します。

 

つまり身体が取りすぎを教えてくれます。

 

味は本当に苦いので

いっぱいは取れません。

 

いい塩は、適度ににがりを取り除きます。

 

にがりの苦味はカリウムの酸っぱさ、

カルシウムの甘みとナトリウムのしょっぱさと合わさって

程よいバランスでお塩になります。

 

自然海塩とかがいいと思っていろいろ調べたら

20年前くらいにそのにがりで内臓が固まるという情報に出会い、

えって思いました。

 

でもじっくりその根拠を探すと、根拠がなくて推理なんです。

 

海に存在し、大地に存在し、

生命になくてはならないにがり、マグネシウムを否定している。

 

細胞はいつもマグネシウム不足に陥っている。という現代人の状態です。

 

山菜にはたくさんあります。

 

春のデトックスにはマグネシウムが必要なのです。

 

植物にはアクと言っているものが入っています。

これはほぼマグネシウムです。これも自分を守る仕組みです。

 

哺乳類は食べ過ぎを防ぐ。

植物にとっては全滅を防ぐ。

 

アクを取るのは、僕らが欲望に任せて

たくさん食べたいから。

 

アクにはマグネシウム以外に

カリウムやカルシウムやポリフェノールも含まれています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*