減塩と滅菌政策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この世界を読み解く視点

なんか硬くない?

ですよね~。

この世界だって。

知ったかぶって。笑

 

国や国の研究者、

そして国家資格医師が言うのが減塩。

 

それが正しいのであれば、僕は静かに去る。 猿 笑

 

しかし、調べていけばいくほど、減塩の意味がない。笑

 

高血圧と減塩

脳梗塞と減塩

 

そこに因果関係はない。

困った。

 

真面目な医学研究者が、

ネズミ実験を再度すると、

塩が高血圧の原因ではなかった。

 

しかしそれでも減塩政策が進められる。

 

ここ数千年は塩が金より大事だった。

 

最近は塩よりは金だ。 僕も 笑

 

しかし、権力の維持という視点で見れば、減塩はいい政策だ。

昔から犯罪者には塩断ちさせて苦しめた。

 

反抗をする人に塩をあげない。

そうすると気力がなくなり、体力がなくなる。

 

1800年代から石油利権。

その利権者は石油精製物質で大儲けする。

 

石油精製化学物質で産業化が進む。

その利権者は権力者にお金も貸せば武器も売る。

 

権力者は権力を維持したい。

石油利権者は世界を買えるほど儲けたい。笑

 

その人たちは仲間だ。

石油利権者は武器も売り、金も貸す。

 

権力者は国家利権を売り渡す。お金を借りたので。

最後は通貨発行権を売り渡す。

 

そのうちに医療利権も売り渡す。

薬はクスリになっていく。

 

クスリはリスクになって、、、、、。笑

 

権力者が一番嫌なのは革命だ。

歴史的に権力者はひっくり返されて殺されてしまう。

 

それが恐ろしくて様々な手を打つ。

同志さえ信用しない!

 

大衆も恐い。つながると大変なことになる。

権力者のそばには、お金と地位で膝まづく人もいる。

(かつての僕! 笑)

 

そういう人は国家利権を少し分けてもらう。

 

減塩をすると病人が増える。

 

治りが遅くなる。

医療利権者は助かる。

権力者も大衆が反乱を起こさなくなるので助かる。

両者にいい政策だ。

 

いつのまにか、病気は国を安泰にする。笑

 

僕らが具合が悪いだけで、あとは平和だ。

税金が北欧社会福祉国家より高くて、福祉が少ないだけだ。

 

減塩政策には意味がある。

 

もう1つ利権者、権力者にとって大衆を病気にしておく方法がある。

それが滅菌政策だ。

 

生 を怖がらせて熱で殺菌したものをたくさん食べさす。

山の水、フルーツ、生野菜、生肉、刺身はあまり食べて欲しくない。

売っているジュースは加熱。

菌を殺すことが大事。

 

水道にも温泉にも化学物質屋さんが入り込む。

 

国民を病人にするといろいろいいことがある。

 

最近ではどんな食品にも化学物質屋さんのサポートがある。

おかげで腐らない。

おかげで代謝が悪い。

まあ、それでも塩が禁止にはなっていない。

化学物質が使われていない、やがて腐る食品もある。笑

 

選べば楽しく生きれる。

僕が元気でも反乱も革命も起こしません。

というかできません。

 

僕の話で3000人が元気になっても革命は起きません。

どうか取り締まらないようにお願いいたします。

そんなわけないか。

 

日本が国連条約で敵国にされているそうですが

そろそろいいんじゃないですか? 笑

つぶやきです。笑

 

写真は竹筒に入れた漢方塩

しょっちゅうなめなめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*