なぜ自信を持ってお塩を勧めるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ自信を持ってお塩を勧めるのか?

実は20年前には塩が大切だと思いながらも、

国家、厚労省、病院、保健所、医師、看護師、栄養士、、、、

権威がみな減塩なので、モヤモヤしていました。 笑

 

きっかけは

ネズミの事件、寒い県の脳卒中データなど調べたらいい加減だったこと

GHQの支配、管理に関する情報などでした。

 

日本で平和に生まれてきて、GNP世界2位で、先進国。

 

そこに生まれてきて、最後の世界大戦で敗戦国、

統治されているということに気づいていませんでした。

 

まさか、国が。

 

頭脳明晰な研究者もいるしね~~。

1700年代に産業化革命

1800年代には植民地化に拍車

 

アフリカもアジアも、

どうしたら支配できるか

どうしたら収奪できるか

この考えで先進国は、地球隅々、 分捕りに行きました。

 

それは終わったわけではけっしてなく

今も続いているのです。

 

日本人は平和ボケって言われますが、そうだと思います。

アメリカに統治されて、パックスアメリカーナの中で活かされてきました。

一方 統治する方も大変です。

 

戦略が必要です。

 

昔から 植民地を増やしていくには、

そこの文化、食生活、信仰生活などを調査します。

 

文化人類学者 そもそもは植民地支配の研究家たち 笑

 

そこにキリスト教

(ここでは宗教をとがめるつもりはありません)

 

僕らは、植民地支配の中で、敗戦国として、ある枠の中で活かされている。

それが厳しい現実認識だと思っています。

 

だからと言ってすぐに独立とはいきません。

 

植民地支配は言葉は廃れましたが、多国籍企業による国家支配、

金融による国家支配は一歩一歩進んで、世界統一に向けて、

勝ち組同士が覇権を競っている。

 

そういう世界史的な動きの中に僕らはいると思うのです。

 

だから政治家が悪い

官僚が悪い

大企業が悪い

旦那が悪い

そこにシッポ振る人が悪い

クスリを出すマニュアルに溺れる医師が悪い

そんなことを個別に文句言ってても可哀想だ、相手が。

 

と思ったりします。

 

相手はあまりに巨大で、ちょっと独立に向けて、

アメリカの国債を売っちゃおうなんて考えたら人工地震が起こります。

 

ここは静かに体制を整えて、機を待ち

どうやら星の運行も変わりつつあり

僕らそれぞれが、気力、体力つけて置く時期ですねえ。

減塩は支配上、必要なことです!

 

あなたが地球革命の戦士にならないように。

ひっくり返して欲しくありません。

その思いを分かってやってください。

 

減塩しましょう!

あれっ 昨日までと話が違ってる 笑

卵焼き好きなんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*