全国に塩田があった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の塩の歴史を見れば

減塩は罰であり
命を衰えさせる事である。

権力者は、塩で国民を支配した。

つまり与えないという罰

そして、年間7キロを国民に高額で買わせるという法律。

 

塩を買うのに税金をかけたり。

庶民を静かにさせるために、塩をうまく使った。

 

翻ってこの日本!

全国に塩田があった。日本のこの海岸線に。

 

それは諸国の命であり財政になった。

 

瀬戸内海は、塩づくりに適していたところで、塩づくりで財政は潤った。

 

忠臣蔵も塩にまつわる因縁だった。

減塩洗脳は、植民地支配の戦略である。

 

僕らが払う国民医療保険は実は仕掛けられているもの。

 

国民みんなで年間6-100万払いながら、

その払ったぶんのかなりを支配者利権として抜かれている。

 

減塩させられて、薬漬けされて、フラフラになりながら、働き、

国民医療保険料を捧げ貢いでいる。

 

僕らは、9割引、7割引だといって喜んでしょっちゅう病院に行く。

世界史でみれば、滑稽な歴史を僕らはつくっている。

世界を統一する夢を見ると、減塩政策は必要となるね〜。

 

今日も高血圧だ、糖尿病だ、

腎臓病だと言われて減塩を指導されている人がいる。

 

細胞はみないい塩を欲しがっている。

腸内細菌も欲しがっている。

さあ、ここから、がっかりしている場合ではない。

 

まずは自分から

しっかりいい塩を取ろう。

元気な姿で、語ろう。 笑

 

写真は送られてきたディル ハーブです。
あと 天から送られてきたわがままな猫です。笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*