すぐ何かを始める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気はきっかけを与えてくれる

痛くて、痒くて、苦しくて、辛くて、だるい。
そんな病気にも意味がある。

 

仕事でマンネリ
家庭でマンネリ

 

生きる歓びを忘れている。
新しいことに挑戦する気はない。

 

自分らしく生きていない。
お金に支配されている。
何がやりたいのか分からない。
惰性で維持している。
愛はない。

目標は忘れた。 笑

何もやることがないと、気力が薄らぐ。
気力が萎えると、何もしたくなくなる。

マンネリ
空気は淀み、流れは止まり、血液は汚れる。

不安や心配が襲う。
ぐるぐる悪循環。

こういうのが病気で、肉体の痛みや苦しみは、その影響だ。

痛みは自然治癒力が発揮され始めると起きるもの。

それを止めて、病気を長引かせようとするのが現代医学。

その人のマンネリを打破する生き方コーチングこそ医者の務め。

副作用がいっぱいのクスリを処方してそれでいいのかなあ。

医者が問題ではない。

 

新しいことに挑戦しない誰かさんが問題やな。

簡単。

 

すぐ何かを始める。

面倒がらず、

酵素玄米ご飯づくりから始めよう。
甘酒づくりでもいい。

たまには無農薬野菜を通販で買ってみよう。

 

新しいことに挑戦すること。
これがホモ・サピエンスの行動習慣。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*