工藤さんは相当 病院が嫌いなんですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そうなんです
すみません
昔はそうでもなかったんですがね
それなりに必要なんでしょうって思っていたんです

でも今は、緊急時以外 緊急時でも無理していかないでって思っています
緊急時 生理食塩水ですからね 精製塩ですよ
神宝塩を水で溶かして点滴して欲しいです
それがお願いできればいいですね
緊急時でなかったら絶対 絶対 絶対 3度 笑笑
行きません
塩摂って寝ていればいいからです
うずくまって寝ていればいいからです
多少何かが欲しくなったら果物を食べればいいからです
僕はきっと酵素ジュースとか塩入りで飲みますがね
仕事のストレスなら仕事行きません
死ぬよりはいいからです
家族のストレスならどっか離れます
死ぬよりはいいからです
ストレスって自分の考え方のコントロールで対処もできます
感情もコントロールできます
自分の身体を劣化させる言葉も辞めます
自分の身体を腐らせる感情も辞めにします
しょうもない食事もやめます
それでだいたい回復します
病院に行かなくてもいいんです
お医者さんは治すプロではありません
クスリを出して適当にあしらって生きています
工藤さんはお医者さんを尊重していませんね!
だって病気を治していないでしょ
ずっと顧客にしてるでしょ
そういう人は医者ではないんです
資格があるだけです
まあ僕も医者になったらそうだと思います
あの仕組みの中で外れたら生きていけないって思います
せっかく職業の中では上に見られているわけですからね
そこから抜けるには勇気が必要です
今のクスリは止めるだけ
止めたらまた繰り返す
そのうちに腸も脳も汚れて 目も耳もおかしくなります
かわいそうに患者さんは眼科、耳鼻科、整形外科と流れていきます
3〜5つの病院、クリニックを渡り歩き、39錠のクスリを飲み続け
障害者になり、施設で暮らします
そしてなかなか死ねない 苦しい思いでやがて何も感じなくなり
そこから年金を長男がもらいながら長生きします
僕はそういう事例をたくさん知って、病院にはできるだけ行きません
塩舐めて 塩白湯飲んで、自然な食材を食べながら、自然などぶろく
、酒を飲みながら、ああ幸せだ〜って思いながら生きているのがいいと思っています
嫌なこともいい勉強って思っています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*