イエスキヨトシ キリストのお墓へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イエスキヨトシ キリストのお墓へ
そこの隣に埋められたわけではないよ〜
感謝の祈りをしました
しかし青森にキリストの墓があるのはなぜだあ?
本当なのか?
それが嘘ならなぜそんな嘘をつく?
それが本当ならなぜ本当?

世の中が真実だらけなら何も疑わなくて済むのだが
権力者も自分が天皇になりたかったらなろうとするしなあ
騙しても利益をとろうとする人もいるしなあ
そういう人は騙された人が悪いって言うし〜
歴史を改竄するのも常套手段だ〜
今までの真実が嘘だとなるとそれを信じてきた人は怒る
先生が言っていたことが嘘だったとなると
それを信じて伝えていた人は嘘を広めていたとなる
それが嫌で自分を守るために行動する
厄介なことも多い
地動説とか
進化論とか
僕の医学の分野なら減塩とか〜
高坂和導さんと言う民間の研究者はある意味滑稽なことを言っている
四大文明の前に日本には素晴らしい文明があったらしく
日本の文字が世界に広まっていたと
確かにカタカムナ文字とかすごいものがある
大化の改新とかその前はなぜか歴史では語らない
古事記以前の神様や天皇のところが隠されている〜
そこを明かそうとすると今の歴史学者、国体、権威にとっては嫌なこともあるのでしょう〜
古事記の前の文書があるが
それでいっときもめた
その人は不敬罪で逮捕された
裁判になり4000くらいの過去の資料を出して裁判で勝とうと頑張ったが
うまくは行かなかった
権力に勝てないわな
その挙句、その資料は取り上げられてしまった
今は戦争で燃えたと言われている
残念
昔から焚書坑儒っていうのがある
しかしそれでも僕には 燃えていないように感じる
心ある人がどこかに隠していると思われる
いつか平和な時に明らかにしなさいと子孫に言い伝えられる
そんなものだと思う
誰かの推理では キリストは弟を身代わりにして日本に来た
そしてそれをかくまった沢口家
なぜキリストはやってきたのか
それは実は20代に日本に学びに来ていた
キリストは21〜33歳までどこにいたか記述がない
その頃は世界からいろんな探究家が学びに日本に来ていたらしい
今で言えばギリシャやローマやエジプトに学びに行くように
また今ならアメリカのMBAに行くように。
キリストはかつて学んだ場所に再びやってきた
そこには自分を慕ってくれた人がいたから
カタカムナ文字や流体文字など極東のはじの島には多くの智慧者が集まり
世界に広がる文字を作った
文明は移動する
どこがすごいということは無い
千年単位で観れば
竹内文書にキリストの足跡は記されていた
まさかのまさかだが、それを読んだ66代目は昭和9年だかに青森に行って
墓を探す
そしてシュリーマンのようにトロイの木馬を探し当てた
正史になるには300年はかかるかもね〜 笑笑
コロナの呪いを神宝塩で浄化せねば
イエスキヨトシは心に誓った〜

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

工藤清敏の漢宝塩を超えた神宝塩、竹塩が欲しい方は
https://www.kanpouen.shop

またはLINEにメッセージ
https://lin.ee/6UsYzRC

どうぞよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*