手当はいつも最高の治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皮膚と手当、高血圧の治し方

触られると気持ちいい

そうですね〜。ちょっと好きなタイプだとなおいい。

 

皮膚も一つの臓器と考える。

脳や腸と同じように。

実は同じくらい大事。きっと。

皮膚感覚で身体を調整している。

しかもそこは心臓から最も離れたところ。

そこには毛細血管が張り巡らされている。

心臓から送り出されてくる血液の終着駅。

 

奥の細道。

心臓は1回動くと50cc血管へ。

高血圧とは強く押し出すということ。

 

どこかで血を欲しがっている。問題が起きている。

気持ちが高ぶっている、何かやらなきゃいけない。
戦闘モード。

高血圧の原因は2つ。
高ぶる感情のために、瞬発力のために血液が必要。
ストレスに襲われている。

 

もう一つは、血が汚れて毛細血管をスピーディーに動けない。

つまり血液が汚れている。血管も錆びている。

 

だから、血圧をクスリで下げるのは間違い。

 

治すのは、ストレスを抱える生き方、考え方。
そして、デトックス。毒出し。そしてまともな栄養補給。

 

高血圧の人がだんだんと弱くなっていくのは、
根本的な治療を自分でしないから。
血圧の正常値をただクスリで達成するから。

現代医学は、医者に本当の原因を教えずに、
数値管理とクスリ配布の仕方は教えている。 笑

 

そして塩を控えろと。

塩が入らなかったら、血液は浄化しにくいのにねえ。

塩を控えても良くならないからね。

かえって悪くなるのにねえ。

 

クスリを飲み続けて、自然治癒力という最高の武器を
弱らせていくんだ。

それが目標だからね〜。

 

医師はそうは思っていないよ。
自然治癒力は教えられないんだから。

それを知っているお医者さんは、自分で学んだんだよね。
でもお医者さんが自然治癒力を学ぶと、クスリ医学とズレが大きくなって悩むんだ。

 

クスリで血圧を下げると
自分で必要な時下げられなくなる。
自分で必要な時に上げられなくなる。

そうなるともう身体はポンコツ車。

それからいろんな病気や症状になっていくんだ。

面白いよね。

 

それで一生、病院のお客さんになれるんだよ。

いいなぁ、リピーター。

商売の基本だよ。

ああ、皮膚の話だった。

 

具合が悪くなったらさするといいんだ。
つらいとさするといいんだ。

愛ある人にさすってもらうと、回復は早くなる。

スキンシップって大事なんだ。

 

日本じゃあまり広がらないけれど
ハグっていいんだ。

握手だっていい。

本当は、全てさすってあげたい。

 

僕の場合は、男前なので、多くの人がセクシャルに感じるだろうが 笑 考え過ぎ 笑

それでマッサージだね。

 

ゴキゴキしなくったって、皮膚に刺激を与えるだけで、血流は良くなっていく。
血流が良くなるとコリはほぐれていく。

全身を血液がめぐると回復は早まるからやってみて。

家族やパートナーがさすってあげればいい。

手当はいつも最高の治療法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*