その人の性格は思考と感情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人はいろんな性格、体型、病気があって面白いものです。

僕は、病気は、その人の性格ととても関係があることを知っています。

その人の性格は、思考と感情です。

 

思考はその人の価値観、信念、思い込み。

思考は一瞬で感情に変化します。

いろんな感情がありますね。

 

僕はその感情を多様な色のように考えます。

基本は3つ、5つ、7つ。

しかしバリエーションは無限。
何百種類の感情がありますね。

それは思考が違うからです。

 

思考を生み出した体験が違うからです。

僕は、患者さん、クライアントさんに会う時に
その体験を観ようとします。

その人の体験、思考、感情を見るのです。

 

何がその人の思考を、感情を曇らせているのか。

否定的感情がどこから来ているのか

それはどう作られてきたのか

そこを見ると、病気の根元が見えてくるのです。

ストレスの根元。

病気が生まれてくる水源のような 笑

 

ここを止めなければ、何をやっても治らない、
そんな根元です。

この蛇口を止めなければ、治ったというのは一瞬で、
繰り返し、繰り返し、手を変え品を変えて、まるで
振込詐欺のように 笑 一生その人を襲います。

 

まあ、病気は友達
一病息災
っていうのもいいのですが。

 

今の医学は
むいたリンゴをそのまま、テーブルに置いておくようなもので

そのリンゴに、砂糖かけたり、切り取ったり。
最後に全部腐るまで、いろいろ振りかけかける感じです。 笑

 

国民はそれを受け入れています。

でも、洗脳から解かれれば分かります。

塩水に浸けておいた方が良い
冷蔵庫に入れた方がいい
空気に触れないようにした方がいい

そうすればいいのに
リンゴにチョコかけて、、、、
( ああ、それもうまいが 笑)

ストレスの根元にアクセスしない治療は
基本を忘れています。

 

ストレス削減治療と
食事療法と
身体的エネルギー的治療と
その他いろいろ治療を組み合わせると
いい結果になります。

まあ、何れにしても、患者さんが主人公で、主体的でないと、肝心の細胞さん、常在菌さんが動いてくれません。

結局は彼らが治すのです。

医師や治療家は、側でサポートする役目です。

 

多くの人は今でも病気は、外から来るもので、運が悪かったと思っています。
特にがんや難病にかかった人は、遺伝とかたまたま身体に異常が起こったと考えます。

病気は、誰が悪いとか本人が悪いとかそういう事ではありません。
しかし自分の思考、感情が病気をつくっていきます。

もちろん、親や先生などの刷り込みが原因になっている事も多いです。

 

自分を責める事はお門違いです。
自分の考え方から来ているとしても。

なかなか誰もが気づけないのです。

重い病気になって初めて気づくのです。

 

身体の事
精神の事
自然の事
宇宙の事
言葉の事

 

やっと少しづつ、この生命のことが
分かってくるのです。

僕の話は一体どこに行くのでしょう? 笑

 

性格を変える

先生、そんな事は出来ませんよ〜。

50年も育ててきたこのかわいい
しょうもない性格を変えるのいやでーす。

今の自分のわがまま、生き方、働き方、食べ方を変えずに
どうか私を治して。

すぐに
早く
痛くなく

まあ、そんな患者さんであふれています。

写真は全粒粉ぎょうざの会 笑笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*