もし僕らの目が10倍の顕微鏡だったら・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
僕らの目が10倍の顕微鏡だったら、
世界は微生物だらけだということが
分かるでしょう。
生物学は人間を細胞のかたまりのように考えていますが、
僕らの命の根幹は物理的には
細胞と菌との共生、助け合いで、
身体というのは、細胞と菌でできているのです。

細胞は菌がいないと生きていけない。
菌さんがいてこそ、自分が元気でいられるんです。
腸内細菌が大切なことは最近よく言われることです。
発酵食品がいいことも。
酵素ジュースがもてはやされるのも。
生野菜や果物や刺身など
僕は生を勧めていますが
まさに生には微生物、菌がいっぱいなんです。
目が顕微鏡だったら、びっくりして
食べれなくなります。 笑
でも健康な植物や生命には、健康な菌がいっぱいなのです。
僕らの体温、湿度、pHにぴったりな菌たちです。
体調を壊すと
身体の周波数が変わって
その良くない周波数に合わせた、菌が寄ってきます。
悪いこと考えていると
悪い奴らが集まってくるように。
僕らは、それらの菌を悪玉って言っています。
科学者がね。 笑
生命という学問は、総合的なものです。
生物学とか分子生物学というのはかなり狭いカテゴリーです。
ですから、遺伝子は見ますが、その遺伝子を動かしているのが、僕らの考え方や言葉などの意識だと分かっていないんです。
この辺が、今の医学の欠点です。
心理学と生物学はくっつかないと人間の生命は分からないんです。
それで僕のように
生物学と物理学と言語学と心理学を学ぶような人じゃないと
生命は見えてこないんです。
と自分をほめる。笑
まあ、勉強不足なんだが 笑
医者がこの辺を学ぶと診断が変わります。
何をすれば患者さんが良くなるか分かってきます。
僕が現代医学が 生活習慣病に向かない医学だと言うのは
生命を見つめていないっていうことなんです。
それが利権と相反するからなんですが。笑
分かっています。笑
糖尿病も
がんも
治し方が変わるんです。
どうか、今の治療法を見直してください。
そうすれば回復していきますって 笑
20161110
自然、空の画像のようです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*