はずかしい人類の歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親が強過ぎる
旦那が強過ぎる
上司が強過ぎる

こんな環境下では
人は従うことを選択し
無言のストレスを常に細胞は感じながら
免疫力を失っていく。

こう書くと
親と旦那と上司は旗色が悪いが

強い というのは 言葉が狭いが

 

ともかく、威張るとか上に立つとか
上から目線とか
そんなことが好きというか、そこにいたがるというか
そんな立場でしか対応できない
かわいそうな人がいるのだが、

 

その一面、頼もしいところもあるので
つい従ってしまうのだが

そこの下にいると
心がまいってしまうのだが

なぜか我慢して、頑張って、
しかし自分はなくなって

突然、重病になる人が多い。

 

ある時は働き過ぎ
ある時は従いすぎて自分なさ過ぎ

こういう人は、突然 ガン宣告されたり。

 

病気は、クスリが足りなかったら
なるわけじゃない。

西洋医学は、僕から見たら、的はずれ。
原因を見ないで、クスリを出して
一生数値を管理することに一生懸命。笑

 

病気は
いつもその人の心にある。ストレスという漠然とした
曇り空にある。

そしてそこに肉体的過労

化学物質、添加物

ちゃんとした野菜、果物、塩 不足

人間関係
コミュニケーションの問題

それらがまるで
ある事件で全て重なって起こるのが
重病だ 笑

だからそこを、治していくだけでいいんですよ。

 

何で病院へ
何でクスリ 笑

病名決まって安心 なんでやねん 笑

病院の診断
大切なこと何も見ていないし。

あんな検査で、原因がわかるはずなーい。

まあ、あと3世紀もすれば
悪魔の医学が跋扈していた時代

ということで教科書に書かれるはず。

はずかしい人類の歴史や。

僕らはすっかりハマってしもうた。

大笑い。拍手。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*