クドウ式 食事療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クドウ式 食事療法
1、還元力もありミネラルの量、種類が多い特別な塩
 10〜60g摂取
2、生食、酵素。具合が悪い人は7割生食。 ミキサー必須 酵素ドリンク必須  体調がいい人は生食3ー5割かな。増やした方が体調は良くなります。
3、発酵食品 伝統的調味料 ぬか漬け 必須

4、肉食はいい。ただしいい肉の生食がベスト あぶってもいい。
よく噛むこと、安い油の揚げ物は減らすに越したことはない。
もちろん 品質はいいもの。命に感謝していただく。無理して食べなくていい。ベジで病気回復がうまくいかない時は食べてみる。人それぞれ。
5、苦いものを酵素ドリンクの甘さでたくさん摂取。
6、3食酵素ドリンク、野菜、果物でいい。満足のために玄米ご飯。酵素玄米ご飯がベスト。
7、1ヶ月30日徹底する。多少レベルが下がっても90日続ける。
心の免疫力をつけるのも大事だが、身体の物理的な回復はやはり食事だ。
食べたものが、血液になり、細胞になり、臓器になる。
8、全体食、自然食、生食、発酵食。 化学物質は避ける。減らす。
9、よく噛む、美味しいという、ありがとうという、幸せだなと感じる。
笑う、微笑む。
これで分解が進む、吸収がよくなる。
何を食べるか、それより大事なのが 分解吸収する力。
生食、発酵にはその力がある。
10、小食に越したことはない。お腹いっぱいは週に一回、月に一回でいい。
  シンプルに心がける。食事は楽しみだが、自分の仕事を楽しむのが大事。
  食事が最大の楽しみ!にならないように。
20200831

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

工藤清敏の漢宝塩を超えた神宝塩、竹塩が欲しい方は
https://www.kanpouen.shop

またはLINEにメッセージ
https://lin.ee/6UsYzRC

どうぞよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*