pH7、4 塩分濃度 0、9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
僕らの身体は固体、液体、気体?
臓器の話をしているうちは治らないでしょう〜
だって同じ海、池、沼にいるのですからね。

臓器を見て、臓器に見えることで判断して、治そうという医学が大きなズレです〜それを信じて手術を受け入れて、クスリを継続して摂る
おかしいと思いますね
しかし情報の9割5分くらいはそんな情報です
刷り込まれて当たり前ですね
まずは液体と思いましょう
そう思うようになれば治る可能性は高くなるでしょう
なぜなら僕らの身体は本当に液体でその液体の中で細胞さんも常在菌さんも泳いでいるからです〜
臓器さんも同じ海にいます。
線でつながっています。
役割違えどつながっている〜
がん細胞さんが全身に広がった〜
当たり前ですね
その臓器だけ手術したら治るんだろうと思った人の負けですね
そもそもがん細胞さんを叩く!
なんて考えに染まったらアウトですね〜
がん細胞さんがおいとましたくなる塩っぱい体液にすることがポイントだと分かれば回復の可能性が高くなりますね。
pH7、4
塩分濃度 0、9
ミネラル濃度をさらに高めれば
コロナ、がん、脳梗塞、、、恐くない
現代医学を信奉している限り、健康的な生還は無い!
液体を浄化することが肝心です〜
身体は気体である
それもいい考えです〜
思考と感情を泥沼にしないで吹き飛ばそう
みんな笑うしかないんです〜
あほらしいと思って手放せればさすがの域に達しています。
1人、アウトドアの画像のようです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*