病院では緊急時、生理食塩水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
病院では緊急時、生理食塩水
これはどういうことだ
精製塩と変わらない処置だあ
それで何とか助かる人もいる〜
医師もあまりすることはない
ただ点滴〜
それで元気になる ほどほどに

もちろんその後 とっても元気ってわけではないが。
このことから、精製塩であっても無いよりはマシだと思うようになった
しかし塩化ナトリウムだけとは。
なぜ何十種類のミネラルで生体液ができているのに
なぜ、医療はそうしないのか?
そこがずっと疑問だった
医療って回復させるために頑張っているんですよね
そう思っていましたが
ついに工藤の頭が崩壊
医療ビジネスの闇を知るとなるほど〜と思ってしまった
そうか病人で居続けさせるんだ〜
治したらせっかくのその先の重病に持っていけない〜
売上が終了する〜
笑笑
そう考えると癌が三大治療で改善されないのも
いい塩を摂らせないのにも納得する〜
ふむふむ
僕が真面目に考え過ぎていた
お金で観ればよく分かる現代医療〜
最近 海水療法を広めたルネカントン博士の本をよく読んだら
生理食塩水では犬も2ヶ月で死んだ
生理食塩水では白血球などが死んでしまう
海水ときれいな山の湧き水ミックスが1番だと。
そこでは白血球も生き続ける。
こういうことをズル賢い人は知って生理食塩水を活用している。
高血圧を病気にして病気を増やしていくカラクリ
も大したもんだと感心している僕
これから病院に行って生理食塩水を射ったら、その間に神宝塩を舐めたほうがいい。笑笑

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

工藤清敏の漢宝塩を超えた神宝塩、竹塩が欲しい方は
https://www.kanpouen.shop

またはLINEにメッセージ
https://lin.ee/6UsYzRC

どうぞよろしくお願いいたします。

1人、花の画像のようです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*